• 新着情報
  • 警告灯・作業灯
  • 動画集
  • ウィレン社について
  • 会社概要
  • お問合せ

防災について ― Disaster Prevention

大震災に見舞われたあの日、防災無線は多くの情報を届け、被災者の意識を避難行動へと切り替える重要な役割を果たしました。
しかし、震災後に総務省がおこなった調査によると、                   半数以上の人が防災無線は「聞こえなかった」          と回答しています。
そこで災害時・緊急時に、重要な情報をつたえるための防災無線について考えてみたいと思います。

ひとりひとりの備える意識と、防災設備の充実で防災力を高めていくことが必要です。

防災無線が抱える問題点

現在のいわゆる「防災無線」の多くは、1960年から70年代頃の、電話回線が普及していなかった地域の方へ情報を伝える広報手段がルーツとされて います。取り付けられたスピーカーから「時報」や「お知らせ」といった放送が流されていました。その後、水害や津波などの防災対策としても使われるように なりました。

一般的なラッパ型スピーカーが抱える問題は、指向性が強いため、方向によっては音が弱くなってしまうことです。
一般的なラッパ型スピーカーの出力は1個あたり30Wから50Wです。音が届いて理解できる距離は約300mとされています。このスピーカーを3個から4個取り付けるスタイルが一般的で、その時の1ヶ所の防災無線がカバーする範囲は直径600mになります。

こちらは「直径5キロの範囲の方々に情報を伝える」という条件において、一般的なラッパ型スピーカーを設置した例です。
設置するスピーカーの数が多くなり、あらゆる方向から音が聞こえるため、「音の重なり」や「音の谷間」を生み出し、
聞こえにくい状況となります。

ご覧のように音を均一にとどけることができません。
つまり、広報を目的としてのはじまりが、いざという時には弱点となっています。

WPS2900が解決します!

一般的なラッパ型スピーカーと同じ条件においてウィレン製スピーカー5段式を設置すると、1カ所の設置で「聞こえにくい」「音の重なり」をクリアします。
360度全方位型 出力2000Wのモデルは、1ヶ所から全方向への均一な放送により「音の重なり」を解決し、
聞こえやすい状況をつくり出します。

ラッパ型スピーカー36本でカバーするエリアを1本でカバーできる上「聞こえやすい」を実現します。

ページの先頭へ